金の価格が気になります

世界的に金融情勢が不安定になると、実物資産である金に投資資金は逃避し始めます。
アメリカ発の金融危機の際も、ギリシャに端を発した欧州の金融不安の際も、金の価格はどんどん上昇していきました。
株券や債券とは違い、金はまったく価値をなくすということがないからでしょう。
政権与党が変わり、日本の株式市場は値上がりし始めています。
為替相場も円安に振れてきましたから、これからのマーケットは少し変化を遂げるのではと思って見ています。
金の価格も、毎日時々刻々と変動していきますから、他の金融市場の動きと金の価格がどのように連動していくのか、注意深く見守っているところです。
金取引をしている人には申し訳ないものの、マーケットが正常に動くためにも、金の価格がもう少し下がるのも悪くないのかもしれないと思っています。