合格率37.1%を誇る専門学校について

公認会計士の専門学校であるCPAでは、2020年度の合格率が37.1%を誇っています。
2020年度の通常合格率は10.1%なので、3倍以上となっています。
CPAでは2020年度の試験では359名が合格をしているので、驚異的な合格率を誇っています。
大規模な専門学校と同等の合格率となっているので、講座の充実度などが合格率からうかがえるはずです。

常駐講師が学習前から合格まで個別サポートを徹底してくれます。
適正規模の専門学校となっているので、生徒全員に目を向けてもらえるのです。
勉強方法が分からない人も、しっかりとその人に合った勉強方法を指導してくれます。
分からないことをそのままにしないというスタイルも生徒たちから高い評価を集めています。
CPAであれば、大学生だけではなく働きながらの社会人も合格することができると言われています。
社会人に適した勉強方法を教えてくれるからです。

CPAではその人に適した勉強方法をアドバイスしてくれるので、効率よく勉強をすることができます。
徹底した個別サポートがあるからこそ、合格率37.1%を誇っているのでしょう。
ちなみに2017年から毎年合格者は増加傾向にあります。
そのため、2021年度の合格者も2020年度より増えるのではないかという期待がされているのです。
驚異的な公認会計士試験合格率を生み出すCPAの公認会計士講座