時間を守ることで予防できるドライアイ

年々増え続けるドライアイの患者数、特に冬場のエアコンが効いている室内で目を酷使している人に注意してもらいたいドライアイ。しかしドライアイには多くの予防策がある事をご存知でしょうか。そのドライアイ対策の一例を挙げてみると、まずパソコンを使用する時間を短くする。もし長時間使用しなければならない場合は一時間ごとに5分目を休ませるなどの配慮をすることでドライアイのケアは出来ると言われています。そしてドライアイの最大の原因は目の表面を潤す働きのあるまばたきを怠る事なので、ドライアイの一番の予防は意識してまばたきをすることを心掛けるという事です。パソコンの画面の下に”まばたき”と書いた紙を貼っておくだけでついつい忘れがちなドライアイ対策を思い出すことが出来ます。すでにドライアイかもと自覚がある人でコンタクトレンズを使用している人は、コンタクトレンズの装着時間を短くすることでドライアイを和らげる事が出来ます。
http://www.otsuka.co.jp/decoboco-eye/