最近の小学生の習い事で、人気のあるものとは。

小学生の頃、皆様は何か習い事をされていましたでしょうか。
私は小学校
入学と同時に算盤教室に通う事になり、学校が終わるとそのまま教室に向かい、
練習していたものでした。
昔の定番のものといえば、算盤をはじめ習字、ピアノ、学習塾等が思い浮か
ぶかもしれません。
算盤って結構難しくて、慣れるまでは少し大変かもしれませんが、慣れたら
楽しくなってくるものだと思います。
最近脳トレや右脳の活性化等の効能に
よって再び注目を集めているみたいですね。
算盤には検定試験があって、私が通っていた教室では1級を目指している人が
多かったように記憶しています。
8級から順に受験していくのですが、3級から
新たに“伝票”という科目が加わり、骨を折りました。
6年生になってからは1級取得を目指し、無事合格出来たので辞めたのですが、
今でも計算が速く出来るので「習って良かったなぁ」と感じるものです。
小学生の頃から習い事を始めるご家庭が多いと思うのですが、「何のために
始めるのか」を理解していなければ、それが苦痛を伴うものになってしまうの
ではないかと危惧しています。
せっかくなら、楽しみながら学びたいもの。
今は小学生向けの習い事も充実
しているみたいなので、子供達の自主性を尊重し、自ら学びたいという意欲を
高められるものを選択してみてはいかがでしょうか。
親の意見を押し付けるだけではなく、自分自身で選ばせる事によって、「責任
感」を感じ、叱咤激励されなくとも一生懸命自分から取り組むようになるのでは
ないかと思います。