生産者から消費者まで安定した食の流通が行える卸売市場です

生産者から卸売市場を介し消費者に食品が届くまで、平均して7社ほどの会社が介在しています。
そのため、それぞれの行程において時間やコストがかかることはもちろん、消費者に届くころには時間も経過しております。
そのため鮮度は落ち、手間がかかる分コストも高くなるのです。

いずみホールディングスではコストや時間のかかる行程をカットし、産地から収穫の様子を動画で配信することで、消費者に最速で新鮮な食品を販売しています。
農作物だけでなく、水産や畜産において生鮮食品から冷凍食品、加工食品、珍味や乾物など幅広く取り扱っているのも特徴です。

このように流通の経路を改革し、食品だけでなく生産者から生きた情報を消費者に発信しています。
生きた情報を発信することは、生産者にも消費者にもメリットとなり、両者にメリットのあるプラットフォームを築いています。
安定した商材の流通を希望される方は、ぜひホームページを参照してみてください。